おしりニキビ 治らない

おしりニキビが治らない…悪化する原因と効果的な対処法!

毎日しっかりケアしているのに、なかなか治らないおしりニキビは何とかしたいものです。
なぜケアしても治らないのか、今回はおしりニキビの原因や改善するためにはどうすればいいのか、本当に効果のある対処法について詳しくご説明していきます。

 

いつまでも治らないおしりニキビの原因を知ることで、本当に効果のあるお手入れが何なのか、見えてくるはずです。
ぜひ参考にして、日頃のお手入れを見直してみましょう!

 

おしりニキビが治らない原因は?

 

いくらケアしてもなかなか治らないおしりニキビ…それはニキビの根本的な原因が改善できていないことが挙げられます。もともとおしりの肌は日々過酷な状態に置かれており、ニキビができやすく悪化しやすい場所であると言えます。

 

まず挙げられる原因は、日中座って過ごすことが多いということです。特に仕事をしているとオフィスで座っている時間が長くなります。長時間座った姿勢のままでいると、リンパや血液の流れが悪くなり、肌の健康を守る十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

肌に栄養が行き渡らないことで、ターンオーバーが乱れるようになり肌はゴワつき角化していきます。角質が厚くなることで肌のバリア機能が低下し、アクネ菌が増殖しやすい肌状態になってしまうのです。

 

次に挙げられる原因は、下着や衣服による蒸れです。おしりはもともち皮脂の分泌が多い場所ですが、下着や衣服の密着により更に蒸れやすい状態にあります。特に女性は下着以外にストッキングやタイツ、ガードルなどを履くことも多く、更に蒸れを深刻化させていきます。

 

おしりが蒸れることで、かゆみやかぶれが生じやすくなり、肌が不安定な状態になりがちです。雑菌が増殖しやすく不衛生になったおしりは、ニキビを悪化させるだけでなく、黒ずみやシミなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

 

そして最後に注意が必要なのが生活習慣です。どんなにおしりニキビのお手入れをしてもなかなか治らない原因が、乱れた生活習慣が原因になっていることも多く、生活自体を見直さなければニキビは悪化し、根深いものになってしまいます。

 

特に睡眠不足や不規則な睡眠・栄養バランスの偏った食事・運動不足など、生活習慣が乱れ体にストレスが生じている場合、皮膚の状態もバランスを崩してしまいニキビができやすくなります。

 

乱れた生活習慣はおしりニキビだけではなく、体全体の美容・健康を阻害してしまいます。生活習慣を見直し規則正しくするだけで、おしりニキビやその他の不調が改善することがあります。

 

日頃の姿勢や過ごし方・おしりの状態・生活習慣など、このような原因によってニキビがなかなか治らない状況が続いてしまうのです。ニキビのお手入れと一緒に、このような状態を見直すことでおしりニキビを改善していくことができるようになります。

 

治らないおしりニキビを治すには…

 

なかなか治らない頑固なおしりニキビを治すには、上記でご説明した原因について見なおしてみることが重要です。

 

仕事中などどうしても座っている時間が長い方はクッションなどを利用して、おしりの負担を軽減できる方法を考えてみましょう。

 

下着や衣服の蒸れは使われている素材を見直すことでも十分軽減されます。特に下着はナイロンやポリエステルなどの通気性の低い合成繊維を使用していることが多いので、シルクやコットンなど通気性の良い肌に優しい天然素材のものを選ぶようにしましょう。

 

また質の良い睡眠・栄養バランスの整った食事・適度な運動習慣を意識して、体にストレスを溜めないように心がけてみましょう。

 

おしりのケアとしては皮膚を清潔に保つことが重要です。ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗わずに、石鹸をしっかり泡立てて優しく泡で洗うようにしましょう。石鹸残りがないように、しっかりすすぐことも大切です。

 

角化してゴワつきやすいおしりは、しっかり保湿のケアをすることで、肌を柔軟に保ちながらターンオーバーを整えることができます。

 

治らないおしりニキビは本当に効果のあるお手入れを!

 

なかなか治らないおしりニキビは、根本原因をしっかり補うことが改善の重要なカギになります。お手入れと一緒にそういった日頃の過ごし方や生活習慣を振り返って、頑固なおしりニキビを改善させましょう!